読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実践で使えるランチェスター戦略 その一

ランチェスター戦略

日本の中小企業の悩みを解決する有名な「ランチェスター戦略」は誰でも一度でも耳にしたことがある戦略であると思います。

私もマーケティングを勉強するきっかけとなったのが、この「ランチェスター戦略」です。

 

f:id:aru9bernese106:20170319070747g:plain

 

戦略をまとめると

 他社と完全な差別化ができるまで市場を細分化し、その市場で自社の強みを生かしNO.1のシェアを取ること。

弱きものが強きものに勝つという我々日本人が好みそうな戦略でもあります。かつての戦国武将の織田信長がわずか4千の兵で、3万の兵を率いる今川義元を破った桶狭間の合戦が、本戦略の例としてよく紹介されます。

 

f:id:aru9bernese106:20170319071424p:plain

 

戦国ゲームが好きな方はよくご存知かと思いますが、当時今川軍が京に向けて行軍を始めた際、織田軍の徹底した情報収集と地の理により、細分化した今川軍に対して織田軍全軍を一点集中させて突撃し織田軍が今川軍を打ち破りました。※諸説色々あります。

 

これは、ランチェスター戦略でいうところの「ランチェスター第一法則」です。

 

ランチェスター戦略

ランチェスター戦略は元々戦略という言葉自体から分かるかように軍隊の流れからきています。ランチェスター戦略では大きく2つの法則で戦略を決定します。

 

1.ランチェスター第一法則

いわゆる局地戦です。武器効率にたいした差がない場合の戦闘力の算出方法です。

 

 戦闘力=武器効率 × 兵力数

 

 武器の性能差に大差がないケースは、数に勝る戦略で勝つことができます。

ただ、信長のように局地戦に持っていき、敵の兵力を減らして勝つ方法もあります。

 

2.ランチェスター第二法則

近代兵器を用いた広域戦です。多数の敵を攻撃できるような兵器の場合兵力数の多い方が圧倒的有利となります。

 

 戦闘力=武器効率 × 兵力数の2乗 

 

3.ビジネスに割り当てると

戦闘能力 = 企業の販売力

武器効率 = 商品、サービス

兵力数    = 営業マン数

 

でしょうか。局地戦と広域戦は例えば、日本全国単位で戦うのか、それとも茨城県だけ戦うのかの違いでしょうか。

 

 ではこのランチェスター戦略を実践でどう生かしたらよいのでしょうか。

続きを読む

ブログ開設

小言

独学でマーケティングを極めるべくブログ開設しました。

 

マーケティングと起業について

 

学んだこと、おすすめの情報などを公開していきます!

 

続きを読む
広告を非表示にする